これまでの歩み

【2008年・第1期】(Color days high school FirstEdition)
Color days!のポッドキャスト初年度。
パーソナリティー・若 高校1年生。
初年度の割に、毎月1回の生放送やら歌ってみたやらをやたら活発的に動いていた一年。
番組の進め方について試行錯誤しきりだった期であった。

 

【2009年・第2期】(Color days high school SecondEdition)
パーソナリティー・若 高校2年生の前半戦。
Color days!の後にレジェンドとなる企画『若の学級私物化計画』も今期中に行われた。
が、運営の上層部から反感を買い、左遷をくらい学年の途中であるにもかかわらず強制的に期が終了する。

 

【2009年・第2期】(Color days high school ThirdEdition)
パーソナリティー・若 高校2年生の後半戦。
左遷された若は高校も編入になり、高校生活の半ばで環境が一新されるという精神的にも大分きつい時期を迎えていた。
それが更新回数の激減につながり、前々から宣言していた受験休止期間に突入することになる。

 

【2010年】(Color days high school 受験休止期間)
2010年4月~2011年2月までの11ヶ月間、
パーソナリティー・若 が大学受験のため休止期間に突入し、ポッドキャストの更新が止まる。
が、近況はTwitterで逐一報告されたり、Kechnology Talk Station年末生放送に参加するなど、
その生存は確認されていた。

 

【2010年・第3期】(Color days high school FourthEdition)
パーソナリティー・若 高校3年生。
受験休止期間から復活し、いままで更新を止めていた分、
2ヶ月で40回更新されるという驚異的なペースで配信されていた。
が、最後まで大学に合格したのかどうかの発表を隠していた。
実は、まだFourthEditionが始まった時に大学合格は決まっていたものも
行くかどうか決まっていなかったという後日談も。

 

【2011年・第4期】(Color days! 1年目)
パーソナリティー・若 大学1年生。
田舎から札幌へ進出し一人暮らしを始め、ますます若節を飛ばしていく!?
サイト名も改称し、さらに活動を大きくなる…のか?
新たなるレジェンドへのスタート、1年目。

 

【2012年・第5期】(Color days! 2年目)
パーソナリティー・若 大学2年生。
スタジオ設備が整い始め、Color days!の基盤が完成し始めた5年目。

10代最後の夏に函館に旅行に行き、自分探しの旅へ出た。

 

【2013年・第6期】(Color days! 3年目)
パーソナリティー・若 大学3年生。
番組開始から5年が経過し、6年目を迎えたこの年。
予てから要望されていた「オフ会」を関東で開催し、リアルでリスナーさんに初めて会った。

 

【2014年・第7期】(Color days! 4年目)
パーソナリティー・若 大学4年生。
7年目に突入する直前に「1年後、ポッドキャストを休止する」という宣言を発表。
1年後に一旦おやすみするということがわかっている中、どう番組を繰り広げていくのか。
期限付きポッドキャスター・若とTeam waka16.comの行く末は?

 

【2015年・第8期】(Color days! 5年目)
パーソナリティー・若 社会人1年目。

 

【2015年・第9期】(Color days! 6年目)
パーソナリティー・若 社会人2年目。
ポッドキャスターとして1年振りに帰ってくる。